九州デザインサミット2012 in北九州


「九州デザインサミット2012」へのご参加、ご協力誠にありがとうございました。

 

九州デザインサミット事務局
主催:北九州イノベーションギャラリー    館長  金氏  顯
     北九州総合デザイナー協会   理事長 坂本マスオ


この度、北九州市で開催いたしました「九州デザインサミット2012」は多くの皆様のご支援、ご協力により無事終了することができました。心より感謝申し上げます。

今回のサミット開催に当たりましては、九州経済局を始め、九州各県行政機関のデザインご担当様、各県のデザイン団体の皆様、デザイン関係の教育機関(九州大学、北九州市立大学、九州工業大学、西日本工業大学、崇城大学、麻生。グループの専門学校等)の先生・学生の皆様よりご尽力いただき、また会場への展示につきましても、ご多忙の中、ご協力いただきました。
協賛社として、TOTO株式会社様、西日本工業大学様よりご多用の折にも拘らず、ご支援をいただきました。ありがとうございました。

サミットでは、開催の特別記念講演として、国際プロダクトデザイナーである喜多俊之様にご講演をいただきました。また、初日冒頭に㈱鎚絵の大野浩介部長に基調トークをいただきました。全体の監修をいただきました九州大学の森田昌嗣教授には大変お世話になりました。

多くの皆様方の支えにより、今回の九州デザインサミットを開催できましたことに感謝申し上げます。

サミットは、11月17日(土)、18日(日)の2日間にわたり、北九州市八幡東田の北九州イノベーションギャラリー(産業技術保存継承センター)で、北九州イノベーションギャラーとの両方の主催で開催させていただきました。九州各県よりデザイナー団体の皆様が北九州で一堂に会し、事業や事例発表等を行い、テーマである「地域デザイン力」を評価し、今後の九州各デザイン関係団体のネットワークの必要性と共同行動の重要性を考えました。これは、大会最後の「九州デザインサミット2012宣言」としてまとめ、発表するに至りました。

いよいよ第一歩を踏み出したことになります。今後の継続・発展により今大会の意義も具体化、実現していくものと考えます。宣言にもありますようなデザイン関係団体の皆様の主体的な参加に感謝致しますとともに、さらなるご発展に期待を申し上げます。また、関係の皆様方には引き続きこれからもご支援、ご協力をいただきますようによろしくお願い申し上げます。

ご連絡が遅くなり申し訳ありませんでした。簡単ではございますが、お礼のご挨拶にかえさせていただきます。
本メール添付により、サミットの概略を写真中心にてご報告させていただきます。
今回のサミットへのご支援、ご協力、まことにありがとうございました。
皆様方の今後ますますのご発展、ご活躍を祈念申し上げます。

 

なお、デザインサミット2012のサミット・グラフを作成しました。下記よりご覧いただけます。


九州デザインサミット2012 in 北九州 サミット・グラフ